初心者にも安心な取引1千通貨からのFX


sdf88ii8dfs


FX証拠金取引とは、おもに1万通貨の単位で行われる取引です。

たとえば、ドルなら1万ドルが単位になります。これを日本円に換算すると、レバレッジ25倍で32000円となります。一方、1000通貨の単位で取引をするFX会社なら、3200円からの取引が可能ということになります。

このように、少ない単位でFXをするメリットとは何でしょうか。

まずはもちろん、額が少なければその分損失額も少なくなるということでしょう。通常の1/10で済むわけですから、初心者も安心して取引を行うことができます。

さらに、金額が1/10ということは、単純に考えて、同額で10回分の取引ができるということですから、これによってより多くの取引が行えるわけです。こうして徐々に経験を積んでいきながら、いかにうまく取引をできるようにするかといったコツをつかんでいくわけです。

また、リスク分散のことを考えても1000通貨の取引はとても有利です。リスク分散とはようするに、さまざまな通貨を買うことで通貨の変動の影響を受けにくくするわけですが、それも1000通貨単位ならより少額から分散できるようになるというわけです。

このように、とにかくまず取引の空気に慣れたい、という人には1千通貨から始めるFXは格好の取引といえるでしょう。たとえ1/10ではあっても、やはり実際にお金がかかっていると、たんなるシミュレーションと違って有益な緊張感も得られるはずです。

このようにさまざまな意味で初心者にとってメリットのある1千通貨の取引ですが、これは業者にとっては当然あまりメリットはありません。スプレッドの狭い業者で、1千通貨ごとに片道たったの7円にしかならないのです。それでも、よい投資家を育てることがよい市場の活性化につながるということで、こうした取引を導入しているFX会社はよい業者ということだと思います。その例として、口コミが多いハイローオーストラリアがあります。サポートもしっかりしていますし、がつがつしていない印象です。