負けるほどに辞められなくなる落とし穴


s99df888dfs


投資というものは、FXに限らず全ての取引において勝つことは不可能です。プロのトレーダーならば負けることは無いのだと思う人がいますが、実際は違います。たとえプロであろうと、相場の動きを完全に予想することは不可能ですから、負けることはあるのです。ところが、FXに興味を持っている方ほど負けを嫌い100%の勝率を狙おうとします。そして1度の負けを引きずるため、それを取り戻そうと熱くなりますが、これは危険な心理と言えます。

失敗を早く取り戻そうとするあまりに焦りが出てくるため、自分で作ったルールを破ってエントリーしてみたり、少額でのトレードで巻き返しを図るためにポジションを大きくしてしまうといった危険な取引に繋がるのです。そして、気がつけば資産の大半を失っているという事態にもなりかねません。

大事なことは、勝率を上げることではなく、トータルで勝つということなのです。そしてFXはたとえ勝率が低いとしても、利益を出すことができる投資商品です。プロはトータルで利益を上げることを目指しますから、勝率を見ると必ずしも高いわけではないのがわかります。例えば極端な話になりますが、1勝9敗であったとして、9敗で9万円負けても、その1勝で10万円の利益が出るのならば、トータルでは1万円の利益となるわけです。

人は心理的に負けを受け入れることは難しいものです。けれども、この負けを素直に受け入れることができなければ、戦略的にFXで稼ぐことは難しいでしょう。けれどもその負けを認められずに、何とか取り返そうという心理によって、自分自身のトレードを邪魔することになってしまうのです。個々の取引に一喜一憂せず長いスパンで考えて、負けは負けとして敗因を冷静に分析し、次のトレードに活かすことを考えることが大切です。

『損切りに甘さ出てしまう』

損切り設定が甘いために上手く機能しないというのも、初心者や負けている方に多く見られる傾向です。それは損を確定するのをどうしても避けてしまうからです。たとえ今は見込みと逆に相場は動いていても、ここで耐えればきっと反転するはず、などという楽観視が、負けを認めることなく損切り設定を深くしてしまうのです。

けれども、このような損切りを深めることはクセになってしまうので避けるべきです。これを繰り返すことによって資金を次第に失っていき、やがては強制退場ということになります。FXは勝つトレードもあれば負けるトレードもある、けれども最終的に買っていればそれでよい、そう思えることが必要です。そして、負けを認めた上で、その要因を分析し売買ルールを検証する、それを肝に命じてFXに向き合ってみることが大切ではないでしょうか。デモ口座が使えるiForexでは、要望があれば、専門家が的確なアドバイスを提供しています。参考にしない手はないですね。