FXと株の取引の違いは何?


sdf8sd788dfs


どちらも銘柄を売買して取引するものですが、その対象となっているものに違いがあります。

株の場合は、会社が発行している株券を買い、その値の動きによって売り買いをして利益を上げます。この株券が通貨になったものが、ようするにFXです。通貨も株と同じように値が動くので、買ったときよりも高く売れば利益となる、という点もまったく同じです。

FXには、買ってから売る、という取引のほかに、売ってから買う、という逆のパターンもあるのが特徴といえるでしょう。これは株においても同じように「空売り」という取引があるにはあるのですが、これは信用取引の扱いになり、制度信用取引ならば賃借銘柄に指定されているものだけが対象となり、一般信用取引ならば証券会社が指定した銘柄のものだけが対象になるという違いがあります。それ以外のものは、買ってから売る、という取引以外できないという制限があるのです。

また株の場合は、株価が値上がりしているときは利益も出しやすいのですが、値下がりしているときなどは、なかなか活発な取引自体をすることが難しくなってしまいます。その一方、FXでは仮に円安になったとしても円高になったとしても、売り買いの方向次第で利益を同様に出すことができるので、より自由度の高い取引ができる投資ということができるのではないでしょうか。

関連サイト: 「オプション24.net」

株を始めるにしてもFXを始めるにしても、もちろん手元に資金は必要です。どれくらいの額が必要かといえば、これは条件次第でどちらにも大きな幅があるのですが、株の場合はある程度メジャーな銘柄を買おうと思えば、百万円以上が必要になってくるケースもまれではありません。一方、FXはといえば、銘柄ではなく、会社や口座などによって定められた最低取引単位によって左右されることになります。これはたとえば最低取引単位が100通貨単位であれば、数百円程度からでも始めるということができますし、逆に100万通貨単位であれば数百万円も必要だということができるわけです。

このように、資金に合わせ自由な選択肢があることがFXの特徴といえるでしょう。さらにFXにはレバレッジという制度もあり、これは手元の保証金に対して、定められた倍率で実際の取引を行うことができるというものです。つまり、少額であってもそれ以上の額で取引が行えるわけで、日本では現在、最大で保証金の25倍までの取引が可能となっています。

株の特徴としては、銘柄が豊富だということができるでしょう。その種類は約3000ほどもあります。ただしそれだけ多くの選択肢が用意されているということは、その分それに関する多くの情報も、つねに頭に入れておく必要があるということです。その一方でFXはといえば、用意されている通貨ペアはだいたい20種類ほどなので、ある程度の通貨の動きさえ頭に入れておけば、柔軟に対応することができるというわけです。

このように、株にもFXにもそれぞれ特徴があり、どちらに投資したらいいかはその時の条件次第で変わってくると思います。たとえば、何か買いたい銘柄があったり、資金が豊富にあるという場合ならば株取引をしてみるのもいいでしょうし、まずは少ない資金からとにかく投資を初めてみたい、という場合にはFXがおすすめだということができるのではないでしょうか。そしていざFXをするとなったら、重要なのがFX各種データから比較をすることです。自分のペースで取引できる優良業者を見つける事が第一歩です。 私個人的には、初心者の方に取引手数料無料のXEMarketsをお勧めしています。FX業界では大御所で、海外業者なので日本の規制は関係してきません。